これは、熱海アートウィーク2018で行ったプロジェクトの記録です。

熱海は静岡の観光地で、古い温泉街として知られています。観光地でありながら、熱海には使用されなくなってそのままになった古い建物と空家がたくさんあり、それらを何か別のものに活用するために、熱海アートウィークという展覧会が生まれました。それは日本の美術大学の学生によって企画運営されています。

 2018年3月23日に熱海にある廃ボーリング場の窓を使用し、室内から屋外へパフォーマンスを試みました。

私がパフォーマンスに選んだ会場は、駅のすぐそばにありながらも、ボーリングの運営が終了し、それでも取り壊されることもなく街のど真ん中に佇んでいた。誰もそこへ目を向けなかった。中身のない建物には本当になにも存在しないのか。私はなにもないと言われている場所のその内側から外へ向けて信号を発する。

Display 

(2018)

This is a record of the project done at Atami Art Week 2018.

Atami is a sightseeing spot in Shizuoka, known as an old hot spa resort. Despite being a tourist destination, Atami has many old buildings that people do not use and vacant houses. To make use of them for something else, an Atami Art Week exhibition was born. It is planned and operated by students of the Japanese Art University. And since I was invited by them, I presented my work in Atami.

On March 23, 2018, I prepared three performers, and produced performance from indoor to outdoor using windows.

 

The venue for the window I used was a waste bowling alley. Despite being near the Atami main station, it has stayed in the middle of the city without being demolished.Nobody turned his eyes on that.

Is there really nothing in the building without contents? I emit a signal from the inside to the outside of the place that is said to have nothing.