press to zoom

press to zoom

press to zoom

press to zoom
1/8

Allerhöchste Jagd 

 

170×70×50 cm (2020)

cardboard, ribbon

この彫刻作品は、猫の爪とぎとして使用されます。猫は本能のままに、彫刻の表面をひっかくことができます。

作品タイトル Allerhöchste Jagd は、オーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフの時代に作られた狩猟新聞: Jagdzeitungの別段で記載されていた、皇帝狩猟に関するタイトルから使用されています。狩猟新聞とは、狩猟家に向けた動物学や狩猟史に関連した記事から宮廷狩猟に関する記事まで、狩猟に関するありとあらゆる内容が記載された新聞であり、発刊者であるアルベルト・フーゴーがなくなった1873年以降は“Hugo's Jagdzeitung”と名前を変え、皇帝長くなった1916年に廃刊しました。モチーフとなった山はTraunstein mountainであり、かつては皇帝フランツ・ヨーゼフが狩猟場として管理していたことが知られています

This sculpture is the claw sharpener for cats. Following your cat's instinct, he can scratch the surface of this sculpture "Allerhöchste Jagd".

The title of the work "Allerhöchste Jagd" is used from the title on imperial hunting, which was listed in a separate section of the hunting newspaper Jagdzeitung, which was issued in the time of Emperor Franz Josef.

Jagdzeitung was a newspaper with everything from articles on zoology and hunting history for hunters to articles on court hunting. It was renamed "Hugo’s Jagdzeitung” when the publisher Hugo Albert died and was discontinued in 1916 when the emperor died. As a motif of the mountain, this product uses Traunstein mountain, which was used to be managed by Emperor Franz Joseph as his hunting ground.